さくら抹茶バターサンド

今年も桜の季節が帰ってきましたね。

 

今回紹介するレシピは

さくら抹茶バターサンド

 

レーズンのバターサンドをイメージしましたが、「和」と「洋」を合わせたレシピであり、お花見に持っていけたら楽しいと思って、作ってみました。

 

原材料はこちらです:

 

 

さくらのサブレ生地

 

バター 100g
グラニュー糖 85g
10g
牛乳 18g
バニラオイル 少々
桜のエッセンス 少々
アーモンドプードル 40g
薄力粉(エクリチュール) 145g
ベーキングパウダー 1g
アーモンドプードル 40g
桜の花 ミンチ 12g
桜のフリーズドライフレーク 2g
桜の花 (飾り用)

 

 

さくらのバタークリーム

 

バター 60g
小さじ2
グラニュー糖 18g
アガベシロップ 18g
桜のエッセンス 少々
桜の花 ミンチ か 桜の花 少々

 

 

 

抹茶のバタークリーム

 

バター 60g
卵黄 11g
グラニュー糖 19g
牛乳 37ml
抹茶パウダー 2g

 

 

 

バターは全て食塩不使用です。使う前に常温に戻しておいてください。

まずは桜のサブレを作ります。クックパッドのまれ子さんのレシピを参考にアレンジしてみました。

 

 


 

 

●まずは、ボウル①にバターをハンドミキサーでクリーム状になるまで混ぜて、グラニュー糖を3回に分けて混ぜます。白くなってきたら、卵を入れて混ぜます。

 

●その次に牛乳、バニラオイル、桜のエッセンス、桜の花のミンチを加えて、ハンドミキサーで更に混ぜます。

 

● 別の容器に薄力粉とベーキングパウダーをふるって、アーモンドプードルと桜のフリーズドライに合わせて混ぜます。普通の薄力粉でもいいのですが、エクリチュールを使うことによって本当にサクサクした食感になります!

 

● 合わせたものをボウル①に入れて、ゴムベラで混ぜます。

 

 

 

● 少しまとまったら、手でこねて、生地を丸めます。

 

 

 

打ち粉(あれば強力粉)を使って、生地を正方形(14 x 10 cm)に伸ばします。

ラップに包んで冷蔵庫で2時間休ませます。

 

 

 

 


 

 

待っている間に、バタークリームを作ります!

 

● お鍋に水、グラニュー糖、アガベシロップを入れて、火にかけ沸騰させます。

常温で冷ます。(熱を感じない程度まで)

 


 

 

アガベシロップはこちらのものを使っています。オーガニックで自然の甘味料なので、最近はお菓子作りに使うようにしています。

 

 

 

● 桜の花を水にさらして、塩抜きをします。
可愛くてテンションが上がります♪

 

 

 

● ボウルにバターをホイッパーでクリーム状にします。

先ほど冷ましておいたアガベシロップなどの液体や桜エッセンスを加えて、しっかり混ぜます。

 

 

● 桜の花やミンチの水分をよく切ってから使ってください。私は今回、バタークリームに両方入れました。桜の花3輪を刻んで、ミンチに合わせて 2.5g 入れました。水分をよく切ったら、バターが入っているボウルに入れて混ぜます。

 

 

こんな感じになります。

 

 

 


 

 

最後に抹茶のバタークリームを作ります。少し面倒ですが頑張ってください!

 

 

● ボウルに卵黄を入れてほぐし、グラニュー糖を加えて、白っぽくなるまで混ぜます。

 

 

● 鍋に牛乳を入れて、沸騰直前まで温めて、先ほど合わせた卵黄とグラニュー糖の上から少しずつ加えて混ぜ合わせます。

 

 

●お鍋に戻入れ、焦げ付かないように弱火でゴムベラで混ぜながら火にかけます。とろみがついたら(約82°C)火からはずし、細かいザルでこす。量が少ないのであっという間に沸騰してしまうので要注意です。氷水にあてて、15°Cになるまで混ぜます。

 

 

 

● ボウルにバターを入れて、ホイッパーで混ぜて、抹茶パウダーを加えて、更に混ぜます。

 

 

 

● 氷水からおろしたものをボウルに数回に分けて加え、ホイッパーでしっかり混ぜます。

 

 

 

● 最後にゴムベラでムラのないように混ぜます。

 


 

 

● サブレの生地を3ミリぐらいに伸ばし、型で抜きます。
クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。

美味しそう♪

 

 

 

● このレシピは卵を少ししか使わないので、余っている分を使って、刷毛でサブレの表面に塗ります。塩抜きした水分を切った桜の花をサブレに飾って、170°Cに余熱したオーブンに10〜15分焼きます。

 


 

写真を撮る前に我慢できなくて試食してしまったので、サブレが変な並びになっています(笑)
余っていた卵白も使ったので表面にムラができてしまったが、卵黄だけでしたら問題ないと思います。

 

 

●サブレを冷ましてからフィリングします。

 

 

●バタークリームを絞り袋に入れます。家に一つしかなかったので、桜のクリームはスプーンで塗りました(笑)

 

 

 

真ん中に桜クリーム、周りに抹茶クリームをサブレの半分に絞ります。

 

 

● 桜の花のあるサブレを組み合わせて、サンドします!

 

 

出来上がり!

 

 

 

紅茶に合わせて美味しいです!

今回はトワイニングのビンテージダージリンにしました。
結構好きなブレンドで、缶も可愛いです。

 

 

 

 

サブレは、桜の型を使ってサンドにしてもすごく可愛いです。
ウェファーの葉っぱを挟んで、こんな感じです!

 

 

 

ウェファーの葉っぱは製菓材料専門店で見つけました。
元々はカップケーキ用のものだそうです。

 

 

 

デミタスカップに紅茶を入れて、テーブルウェアフェスティバルで買った波佐見焼のお皿に乗せてみました♪

 

 

もちろん丸いサンドでも可愛い!お茶会の時にこれを出したら喜ばれると思います!

 

 

 

噛んだ時のサブレのサクホロ感と濃厚バタークリームのなめらかさ、たまらないです!
真ん中にたどり着くと桜の香りが口の中に広がって幸せ!!

 

 

 

お花見に持っていって、友達に配ろうと思っていたので桜柄のラッピングも買いました。

 

 

 

 

 

サンドにバタークリームが入っているため冷蔵庫で保存してください。
お花見に持って行く時はクーラーか保冷剤を使ってください。召し上がる5-10分前に取り出した方がサブレもクリームもちょうどいい固さになります。

 

 

皆さん、お花見を楽しんでください♪

 

 

Share your thoughts

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください